« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月31日 (木)

猫殺し?作家 坂東眞砂子 ホラー

ちょっと前の日経新聞でのコラムで坂東眞砂子氏が子猫殺しを書いたことが話題になってるらしいけれど、どうして?そんな話題に国民が没頭したり、テレビで特集くんだりするんなら、なんでもっと生産的なことしないんだろう?たとえば溝口監督の映画見たり、このブログにコメント毎日書いたり..(生産的?)そもそも坂東眞砂子、本当に子猫殺したの?だって猫好きだから飼っているんでしょ?怖いとか言っている人多いみたいだけど。まあホラー小説書いてる作家だから怖いのは当たり前、本当に頭狂っているかもしれないし? この話題を聞いて、確かマークトウェインのお母さんが子猫か子犬が生まれすぎて、溺死させるのに、かわいそうだから水をぬるま湯にしてやったと言うのを思い出す。その時代は避妊させるなんて贅沢な選択の余地はなかっただろう。 坂東眞砂子に猫大好き人間や動物愛護団体は激怒みたいですね...ところで動物愛護団体の人たちって全員菜食主義者なのかなーと素朴な疑問。だって動物愛護でしょ?動物保護法の話は抜きにしても(保護動物の定義:痛みや苦しみを感ずるすべての動物=脊椎動物を対象とすること。ということは動物すべて)、いわゆるペットの犬猫や、当たり前のように殺している豚牛鳥の違いって何なんでしょう。食用だから?嫌、いぬ、猫だって世界中で食べられています。なんで実験動物はネズミなんでしょう?コアラじゃいけないの、チワワはどう? 動物 虫 植物の違いって?植物って痛みを感じるの?新聞のコラムで僕が『私は台所のゴキブリを新聞を丸めた固いのでたたきつぶした、そのゴキブリは頭と体が分裂し、その間は腸のようなものでまだつながっていて、歩くのをまだやめなかった。僕は怖くなってその物体が動かなくなるまでたたき続けた。』(実話、グロくてごめん)と書いても猫殺しのように波紋はよばない。こんなことを書くと僕は冷酷な人間に見られてしまうかもしれないので言っときますが、僕は超愛犬家です。日本の皆様はいまのところ、坂東氏のタヒチ生活をいっそう豪勢にする手助けをしているだけかもしれない。(それが狙いだったりして?)
世界にはもっと深刻な問題が...見て見ぬ振りで何の行動にも起こさない世界市民だけど..

3819_s

Brenden

 

ホラーで思い出しましたが、僕の短編 "Noise"が ShockerFest International  Film Festivalでオフィッシャルセレクションに選ばれ、10月にサンフランシスコの近くのモデスト(ルーカスの故郷、どうでもいい)で上映されるというニュースが今日仕事中にはいりました。ホラー、SF、ファンタジー映画ファンにはちょっと名の知れたかなりマニアックな映画祭のようで、過去のゲストを見ても なんと!ハウリングのケビンマッカーシーや、クジョーのデフィーワラスストーンや、オリジナル猿の惑星の猿役ドンペドロコービーなんて言われても全然わかりましぇーん。 果たして僕は出席するのでしょうか?詳細はもう少ししてから、更新します。

|

デジカメ撮影用 SD カード 激速20MB/s タイプ

今回はデジカメ撮影用のSDメモリーカードの最新版を紹介。
Img3_1 バッファローのSD™カードは、激速20MB/sタイプで連射、PCへのコピーで大きな差が出ます。スポーツなどの連射で、レース、トライアスロン、ヨットレース、マラソンなどの動いている人やものを撮る時、連続撮影枚数が増え、動画撮影でも30フレームで撮れるので、コマ落ちがありません。この「SDカード」は4色の色違いもあり、用途によって使い分けができます。
http://buffalo.jp/products/catalog/flash/sdcard.html

<IMG SRC="https://www.pressblog.jp/watch/page_watch.aspx?watchid=FFFFFFFFFFEFFCFB89FE7A67E" width="1" height="1">

| | コメント (1)

2006年8月30日 (水)

脚本執筆中なので、面白動画、衝撃動画、お宝動画、テレビショッピング、YouTube

今夜は脚本執筆中です。お宝ビデオで勘弁してください。

テレビショッピング1

安い刀で遊ぶと、こうなります。

テレビショッピング2

安いはしごを使うとこうなります。

テレビショッピング3

安いキーボードでも達人になれば、怖い。

だからは嫌いです。

シートベルトは必ずしてください、僕も一度命を救われました。




|

2006年8月29日 (火)

映画の脚本はインスピレーションの逍遥学派によって、みのもんたになれば、ケサランパサランを予告!良し

昨日夢について少し書きましたが、起きている時が僕にとって充実しているかというとそんなこともないです。毎日コンピューターに向かって座っている時間が少なくとも10時間以上あります。仕事と脚本書くのと映像編集ととても不健康ではあります。またロスではどこへ行くにも車で、万歩計を付けていたとしても、会社の駐車場からプロダクションへ歩くのが最長で、一日100歩?ぐらいしか歩いてないでしょう。 また座っていると僕にとって映画のアイデアやインスピレーションというのは起こりにくい。締め切りなんかが迫っているとなんとか筆もすすむのですが..前によくやっていたのが散歩がてらに脚本を書くことです。ペンと紙をもって歩行する訳ではないですが、頭と心をオープンにして歩きながら直感的なひらめきを集めるのです。家に着いたら2シーンくらいは出来ています。こんなことを昔考えていたら、なんと古代ギリシャのヒポクラテスは逍遥学派という歩きながら哲学を考えることをやっていたという..ふむ.ふむ..科学的にも歩いて脳に刺激をおくるのはよいことらしいし、小学校の理科の先生も類人猿が二本足で歩くようになってから脳が発達したと確か言っていた。

最近脚本がすすまないのでまた逍遥学派になります。

関係ないですが、笑えるみのもんたテクノ映像を見つけたのでのせます。
ファンの人はごめんなさい。
この映像を見た僕はもう みのもんたの顔を笑わずには見れません。

明日はケサランパサランについて書きます。

|

The OC 『ジ.オーシー』アメリカカリフォルニア州 オレンジカウンティーでおこるテレビドラマ

アメリカではThe OC ジ.オーシーというテレビドラマがはやっていますが、テレビドラマだからといって馬鹿にするということは決してしません。(前はしていたが24 TWENTY FOURシーズン1DVDを見て変わった)最近のテレビドラマは、予算も劇場映画に負けないほど使っていますし、俳優、監督たちの劇場映画とのギャップも狭まり、質の高いものに仕上がっています。最近LOSTやエイリアスをテレビで監督していたJ・J・エイブラムスがミッション:インポッシブル3を監督したりしています。The OC ジ.オーシーですがアメリカではシーズン3のDVDが出る直前で、内容はカリフォルニアのオレンジカウンティーという高級住宅街が並び、海岸線が美しいニューポートビーチがあったりする地域でおこる家族たちの話。金持ちティーンたちの豪勢な生活と思いきや、リアルな現実感で高校生たち、またその両親たちの苦悩など、複雑な人間模様を浮き彫りにします。日本ではSuper! drama TV で放映中。
またこのドラマで活躍する俳優たちのセレブ・ファッションが人気で、バイマ というサイトでOCセレブファッションをアメリカより取り寄せ購入することが出来ます。O1 O2

この写真(ミーシャ愛用☆ケネス・ジェイ・レーン☆ストロベリー
ネックレス)のように 主役のミーシャ・バートンが実際に愛用してたりするカラフルでセレブな、すてきなファッション商品がバイマ では盛りだくさんです。アメリカテレビドラマファンには必見です。



|

2006年8月28日 (月)

夢は映画で、ツバメの巣

ここ2、3年はっきりとした夢を見ない。というか見た覚えがないと言った方がいいのか...
大学でPsychology(心理学)のクラスを取った時にレポートのトピックを『夢』にしただけあって、子供の頃から夢への関心は高い。人間がなぜ夢を見るかという科学的で決定的な理由というのを証明できた科学者というのは、まだいないらしいし、人間がわからない分野であるほど僕の好奇心をそそる。仮説としては、夢を見るのは脳内の情報を整理するためという説や、日常の出来事を覚えるためという説と、脳からのある信号が映像に変わり、そこから連想ストーリーに移る説と、生存生活に必要な行動をプログラムしている説、本能的衝動を放散させる為という説などいろいろある。僕の大学時代のレポートのためのリサーチ、人体実験(ただ寝て夢を見るだけ)、分析によると、夢はそれらの説のコンビネーションの様な気がする。

いろいろリサーチをしているうち、Lucid Dreamingという夢をコントロールする夢の見方があるのを知り、さらに人体実験(またも寝て夢を見る)に励んだのを思い出すと懐かしい。その手助けになった一つとしては夢の日記をつけること(幼稚園の女の子のようですが..)。しばらくの間訓練は必要ですが、その訓練と日記がLucid Dreamingを成功させる鍵になりました。成功といっても2回だけでしたが。どういうことかというと、夢を見ているときに自分はこれが夢なんだとわかってしまうことなんです!そのため自分でその夢の中で好きなことが何でもできるのです。好きな食べ物を死ぬほど食べたり、空を飛んだり、海の中を魚のように泳いだり、ジェシカアルバとデートしたり、何でもありなんです。本当ですよ。マニアックに言えば、映画ストレンジデイズの世界がそのままなんです。でも成功したのは2回だけです。その夢はワイルドすぎてここでは書けませんが...(なんちゃって)実はそれを成功させるための一つのヒントを自分で発見したのです。知りたい人は教えてあげてもいいですが、なぜそのLucid Dreamingをやめたかというと、夢は夢だからです。楽しいけどちょっとむなしくなって、現実をもっと素晴らしい生活にしようと、2回目成功した後にやめました。
映画編集の素晴らしいセオリーを作り、アカデミー賞を取っているエディターのウオルターマーチは、我々が映画に引き込まれるのは一生繰り返し見る夢が映画のようだからだと言っていた。黒沢明監督はそのことをよくわかっていた監督だと思う。久しぶりに夢日記始めようかな?夢ブログなんていうのも...誰も読まないか。

Dscf2824_1


































週末にチャイナタウンで見つけた掘り出し物!!!

えっ!!なんと!!.....『ツバメの巣ドリンク』です。

しかも...白きクラゲ入りです。
怖くてまだ開けていません。僕がアカデミー賞でも取ったら開けます。
飲んだら感想書きますので乞うご期待!!



| | コメント (1)

2006年8月27日 (日)

ロサンゼルス短篇映画祭 オープングナイト!!

2週間後に迫ったロサンゼルス短篇映画祭ですが、オープニングナイトにアカデミー賞を3部門で受賞したクラッシュの監督ポールハギスがMaverick Film Achivement Awardをもらいにきます。

Haggisbw2byalexgibson_1

ここ何年かの映画の中でクラッシュはロスにすむ人のリアルな生活感が出ていて、僕も好きな方です。

 

またこの日のセレモニーでは、スリングブレ−ドが作られるきっかけになったSome Folks Call It a Sling Blade93m (ビリーボブが同じ役を演じて
いて、Pretty in Pink のモリーリングウオルドや長編版にもでている亡くなったジェーティーウオルシュがでている)も上映され 監督は,George Hickenlooper、

さらにゴーストバスターズのアイバンライトマン監督の息子ジェイソンライトマンThank You for Smokingで長編デビュー)が作った短篇In God We Trustの上映など、マニアックにはたまらないオープニングナイトになっています。

この映画祭で作品が上映される監督たちはパスがもらえ無料でこの日は参加できるのですが、火曜日の夜なので僕は出れるかわかりません。ちなみに僕は4作品上映されるのでパスも4つもらえるのかな〜?4つもらえれば俳優の人たちぐらいは皆無料で招待できるのだか...       

|

2006年8月26日 (土)

デジカメ vs 僕の人間内蔵カメラ

デジタルカメラが普及し、携帯で写せるようにもなり、いろいろ便利な時代になりましたね。僕はいつも頭と心のなかにカメラが入ってる状態で物事を見ている感じなんです。おーこれは!というものを見るとデジカメで撮ったりしますけど。撮ったりするのは今日ちょっと見せる様な、僕以外の人は、なんだこれ!というものばかりかもしれないけれど。
Photo_2

チャイナタウンのスーパーでみつけた、『クツキー』ですか?しかも、銀座之星 日式です。たべたら すごいまずいので、近所の子にたべさせてあげて、持って帰ったら?と言ったら、まずいから いらない!と言われてしまった。


Wide_3

 

昔 アメーバという液体粘土のようなおもちゃがありましたが、この商品をベトナム人街のスーパーで見たとき、おーアメーバと叫んでしまいました。これはベトナムのデザートで、食べたら全然味がないのでおかしいいなと思っていたら、通の人が、これは砂糖水に入れて食べるんだと言って用意してくれた。冷やして食べるとうまい!


Photo_3

英語だとFried CRAB  Chips.
しかし...
日本語の説明をよむと..
このえびせんは? カニじゃないの?新鮮なえびを使ってはいるらしいけど..

しかも、松珍園大好の評?
タイ語ではなんて書いてあるのだろうか?

しかしこのにせカニせんは食べたら超うまかったです。


Kung_fu_2




強くなりそうな食品第一弾

KUNG-FU .....
インスタントラーメン



Ufc_3

強くなりそうな食品第二弾

UFC.....
バナナソース?

どういう味するんだろう。
フィリピンでバナナソースよく使うらしいけど..


Inu_1

強くなりそうな食品第三弾

犬の.......

丸焼き。

ベトナムの路上で見ました。
犬君たち、ごめんなさい。好奇心に負けて食べてしまいました。
ペットの犬とはちょっと違いますよ。うまいです!

|

2006年8月24日 (木)

歌舞伎町のコマ劇場と大漁旗

昨晩急いで作った新しいブログのバンナーを、今朝見てびっくり、昨日は仕事で疲れていたせいか、なぜか歌舞伎町のコマ劇場の看板を思わせる、または大漁旗を思わせる浪花演歌調!!!(僕は演歌はあまり好きではないです)

Camera

あっ 昨晩そういえばちょっと遊びで、演歌歌手のレコードジャケットみたいにやってみようと思っていたら寝ちゃったらしい。(しかも更新までしてたとは)今日仕事場で仕事の合間、新しいの作って更新したけれど、ちょっとカラフルすぎたかな?感想をください。

コマ劇場ていうと、僕のイメージとしては北島サブちゃんの『なんとか侍』、『さすらいの旅ガラス』とかばっかりかと思えば、最近、タレントのミュージカルなどをやっていて、近代化しているみたいですねー。 この前映画祭僕の作品にコメントをくださった手塚眞監督がスーパーバイザーをしているリボンの騎士も、ここで実はやっていたのですね。段々と日本人、新宿人ばなれしていく自分が怖い...

話は変わりますが、僕の好きな監督の一人ソクーロフの新作で、昭和天皇を描いた『太陽』......見たいよー! ロスアンゼルスでアートハウス系のNuArt 劇場なんかにかかれば、見に行けるんだけど。だめならDVD待ちか...ほーっ..イッ..イッセー尾形が昭和天皇役...
Picture_2_1

んー、あれ、そっくりかもしれない!

|

2006年8月23日 (水)

なんか かわいい二重犬格 動画

この犬君、何とご飯を食べながら、自分の後ろ足からの妨害を防ぐために必死に頑張っています。意味が分からない方はとりあえず動画をご覧ください。ぜひ僕の次の映画に出て欲しい!!!

|

2006年8月20日 (日)

お気に入り&ベスト映画

毎週土曜日の習慣で Samurai Action Studioで 生徒に武道、殺陣を教えて家に戻り、うまい夕食とビールを飲みフラーとしていた。放心状態で本箱を見た瞬間『映画監督のお気に入り&ベスト映画』という本 の題名が目にはいった。(昔は俺もマニアックでこんな本も買っていた?)ぱらぱらめくってみるとなかなか面白い。基本的には有名映画監督のお気に入り映画 ベスト10が書いてあるだけなのだが、リュックベッソンがスピルバーグ、スコセッシ、ミロシュフォアマンなどハリウッド映画の監督を尊敬していたり、 ジェームズキャメロンが2001年宇宙の旅で視覚効果に魅了され、スターウォーズを見て自分が作るべき映画がスクリーンで展開していることに激怒し映画を 作り始めたり、ジャッキーチェンがベスト10のなかにディアハンターや七人のサムライ、ゴッドファーザーを入れていたり、笑っちゃう映画『プロミス』の監 督チェンカイコーが『大人は判ってくれない』を好きだったり、ポールシュレイダーが『博打打ち総長賭博』(彼の奥さんは確か日本人)をあげていたり、なか なかいろいろ興味深い。
俺のベスト10映画をあげることは不可能に近い、ベスト100ならできるかも ちなみに番号を付けるのも不可能。映画って言うのは見る人、見るとき、見方、感じ方によって全く違うものになるから、
でも上位にあがってくるのは『街の灯』とか『危険な年』とか『ロゼッタ』なんかだろうなー。
尊敬している監督は、チャップリン、キートン、ロイド、黒澤明、山田洋次、溝口健二、タルコフスキー、ピーター ウイアー、ジャン ジャックベネックス、 アトム エゴイヤン、マイケル マン、ジャームッシュ、ハルハートリー、ロマンポランスキー、アッバスキアロスタミ、今村昌平、ピエールダルデンヌ兄弟、 ゲスパー ノエ、ラーズ ヴォントリアー、パトリス ルコンテ、テオ アンゲロプス、ミッシェル ゴンドリー、スパイクジョーンズ、ウオンカーワイ、クシ シュトフ キェシロフスキ、リチャード リンクレーター、ソクーロフ、ロッジ ケリガン...あれっ、みんな寝ちゃったかな?

|

2006年8月19日 (土)

Los Angeles International Short Film Festival

Bf5eb70e9f3315302d5f242af0a20ac0_3

僕の短篇4作が上映されるロスアンゼルス国際短篇映画祭の 詳しい上映予定が決まりました。ラッキーにも俺の4作品は9月8日(金)、9日(土)、10日(日)の週末になりました。もし来られる方は連絡をくださ い、ARCLIGHT劇場内のバーでビールでもおごります。俳優さんたちとクルーの方々は殆ど来ることになっていますが、俺としばらく会ってなかった方は こういう機会でまた再会できるとうれしいです。映画にどんなかたちでも関わってくれた皆様は本当におつかれさまでした。次の作品を今準備しておりますの で、早速また迷惑をかけると思います、お覚悟を... 上の写真は俺の4作品、Terminus of the World, Noise, Untitled Depression,  void of the world,のスチールです。

|

2006年8月 4日 (金)

格闘技やスポーツのマナー、亀田について

0af9d02629de54452792e03c28009673 プロボクシングWBAライトフライ級王座決定戦で、ベネズエラのフアン・ランダエタ選手に判定勝ちした亀田興毅選手の試合をyoutubeで見た。
結果の出た瞬間
フアン・ランダエタ選手は的確に強力なパンチで押し、亀田はダウンまでくらった上に一部始終攻められていて、たまに出したワンツーがあたっているようにも見えるが軽すぎて全然きいていない。そのワンツーが判定の決め手になったのか?それとも八百長? 
結果がアナウンスされた時のセコンドの父親の3、4秒間あぜんとした表情が面白い。(あれ、勝っちゃった?) 

試合結果よりも試合前の記者会見の亀田の態度を見て頭にきた。
キューピー記者会見
報道陣の前ではっきり話すこともできず、おまけにフアン・ランダエタ選手の名前が赤ちゃんみたいだからグローブをはめたキューピーちゃんをあげるという。 通訳の人はそのなめきった言動を訳したのだろうか?フアン・ランダエタ選手は笑顔でおじぎをしていたではないか?日本人として大変見ていて恥ずかしかっ た。
格闘技やスポーツが強ければどう振る舞ってもいいのか?人間としてのマナーの基本がわからない人々は格闘技やスポーツを始める資格もない。真の強さというのは心が研ぎすまされてからこそ生まれるのだ。
元WBA世界フライ級王者の渡嘉敷勝男氏が試合前に納得できるコメントを残している。
とかちゃんのコメント動画

|

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »