« ロサンゼルス短篇映画祭 オープングナイト!! | トップページ | The OC 『ジ.オーシー』アメリカカリフォルニア州 オレンジカウンティーでおこるテレビドラマ »

2006年8月28日 (月)

夢は映画で、ツバメの巣

ここ2、3年はっきりとした夢を見ない。というか見た覚えがないと言った方がいいのか...
大学でPsychology(心理学)のクラスを取った時にレポートのトピックを『夢』にしただけあって、子供の頃から夢への関心は高い。人間がなぜ夢を見るかという科学的で決定的な理由というのを証明できた科学者というのは、まだいないらしいし、人間がわからない分野であるほど僕の好奇心をそそる。仮説としては、夢を見るのは脳内の情報を整理するためという説や、日常の出来事を覚えるためという説と、脳からのある信号が映像に変わり、そこから連想ストーリーに移る説と、生存生活に必要な行動をプログラムしている説、本能的衝動を放散させる為という説などいろいろある。僕の大学時代のレポートのためのリサーチ、人体実験(ただ寝て夢を見るだけ)、分析によると、夢はそれらの説のコンビネーションの様な気がする。

いろいろリサーチをしているうち、Lucid Dreamingという夢をコントロールする夢の見方があるのを知り、さらに人体実験(またも寝て夢を見る)に励んだのを思い出すと懐かしい。その手助けになった一つとしては夢の日記をつけること(幼稚園の女の子のようですが..)。しばらくの間訓練は必要ですが、その訓練と日記がLucid Dreamingを成功させる鍵になりました。成功といっても2回だけでしたが。どういうことかというと、夢を見ているときに自分はこれが夢なんだとわかってしまうことなんです!そのため自分でその夢の中で好きなことが何でもできるのです。好きな食べ物を死ぬほど食べたり、空を飛んだり、海の中を魚のように泳いだり、ジェシカアルバとデートしたり、何でもありなんです。本当ですよ。マニアックに言えば、映画ストレンジデイズの世界がそのままなんです。でも成功したのは2回だけです。その夢はワイルドすぎてここでは書けませんが...(なんちゃって)実はそれを成功させるための一つのヒントを自分で発見したのです。知りたい人は教えてあげてもいいですが、なぜそのLucid Dreamingをやめたかというと、夢は夢だからです。楽しいけどちょっとむなしくなって、現実をもっと素晴らしい生活にしようと、2回目成功した後にやめました。
映画編集の素晴らしいセオリーを作り、アカデミー賞を取っているエディターのウオルターマーチは、我々が映画に引き込まれるのは一生繰り返し見る夢が映画のようだからだと言っていた。黒沢明監督はそのことをよくわかっていた監督だと思う。久しぶりに夢日記始めようかな?夢ブログなんていうのも...誰も読まないか。

Dscf2824_1


































週末にチャイナタウンで見つけた掘り出し物!!!

えっ!!なんと!!.....『ツバメの巣ドリンク』です。

しかも...白きクラゲ入りです。
怖くてまだ開けていません。僕がアカデミー賞でも取ったら開けます。
飲んだら感想書きますので乞うご期待!!



|

« ロサンゼルス短篇映画祭 オープングナイト!! | トップページ | The OC 『ジ.オーシー』アメリカカリフォルニア州 オレンジカウンティーでおこるテレビドラマ »

コメント

Lucid Dreamのヒントぜひメールで教えてください。

投稿: たえ | 2006年8月30日 (水) 22時41分

この記事へのコメントは終了しました。

« ロサンゼルス短篇映画祭 オープングナイト!! | トップページ | The OC 『ジ.オーシー』アメリカカリフォルニア州 オレンジカウンティーでおこるテレビドラマ »