« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月28日 (月)

ロブスターすし、ワーナーブラザーズ、スタジオ、Star Wars, R2D2

新作の撮影も終わったということで。プロデューサーのEとすしを食べに行きました。

『アメリカナイズされているところなので、ユーサクが気に入るかどうか..』と言っていましたが、結構うまかったです。

掟破りのものが好きなもので..
Image000

アメリカのすしはさすがにカラフルです。

真ん中のグリーンのはベトナムの春巻きに使うライスペーパーのグリーンのでロブスターを巻いたもので、いちばんうまかった。 サーモンとクリームチーズを一緒にしたフィラデルフィアロールなど。 Image008_copy

先週ワーナーブラザーズに夏からオイラが監督する新作のミーティングに行った帰り、スタジオのパーキングを出たすぐのところに『あれっ?』..振り返ってみても『あれっ?』 道ばたにR2D2 (Star Wars)。

駐禁して歩み寄ると なんと郵便受けがR2D2になっている。

なぜか感動してしまった。

知り合いのパーティーに行ったとき皆に写真見せたら、友達のジェニフェーが『あっそれ、Star Warsの切手発売記念のプロモーションらしいよ』だって。

我が家から3分ぐらいのところなので、今度なんか送って見るかな?

届くか不安..

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年5月21日 (月)

新作 Almost..., 動物虐待反対、YouTube 動画

オイラの新作の方ですが、昨日Rough Cut(荒編集バージョン)が終わり、初めてLCDのフラットテレビで上映してワイフに見せたら気に入ってくれた様です。

あと2週間は仕上げに使い、その後プロデューサーに見せる予定です。

それから最終のMixingを初める。タイトルもクレジットも作り直す。

まだ先は長い。

何人か質問してくれた方々がいるのですが、YouTubeにはこの新作は載せないのであしからず(予告編も含めて)。

YouTubeのビデオの画質が個人的に好きになれないので..

しかしながら、この映画のホームページも作るのでお楽しみに。

YouTubeといえば

最近You Tubeやその他諸々の動画共有サイトなどで、かなり動物関係の動画の割合が増えてきたようですね。 

かわいい動物の動画を皆でシェアするのは良いですが、動物をビデオで撮る為に虐待する人が出てこない事を祈っています。
といってももう遅いと思うけど。

こういうのが出回ったりしていますからね、心配です。

しかしながら下の動画は凄いです。

アフリカの国立公園でのバッファロー家族とライオン家族の遭遇の瞬間なんですが、最後まで見ると野生の世界にもしっかりとしたモラルがある事を感じさせられます。(戦国時代の様)

もしオイラがその場にいたら、最初の時点で大声で叫んで遭遇を止めたかもしれない。

センチメンタルと呼ばれてもかまわない。

ライオンの家族も食べなきゃ生き延びれないなんていうのは、言い訳にはならない。

どんな生き物、人間も含めて、経験する1秒1秒は自分の行動と運によって左右されるのに変わりはない。

最後はハリネズミ君、むかしむかしコロラドに住んでいたとき、おいらが居候させてもらっていた友達が飼っていて よく一緒に遊んでいたのを思い出しました。

普段はころころしててかわいいけど、怒ると針が立って痛いんですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月18日 (金)

近況報告、サウンド、エフェクト、カメラ、ミーティング

多忙ですが、今日はプロダクションからの更新です。
新作のポストプロダクションも最終段階に入り、Sound Mixing に入っています。
さすがにここまでくると、疲労も最終段階に入っています。
昔一緒に働いていたSound Designer/MixerのCがオイラが もし倒れた場合に備えてスタンバイしているのですが、もう一踏ん張りです。彼も彼自身のサウンドデザインをクリエイトして、うずうずして待っているようですが、来週のある映画祭の締め切りに出すまではオイラが自分で終えると誓いました。
音の特殊効果も、いろいろ凝ってクリエイトすると、ビジュアルエフェクトと同じで、1日があっという間に過ぎてしまいます。来週の締め切りは、Work in Progress (未完成作品)でも提出できるので、ある程度できたら割り切って、提出することになると思いますが..
その後、C殿にバトンタッチする予定っす。
こういう時期にかぎって仕事の方が忙しくなったりする。
最近バンドの撮影によくカメラを持たされる。
メインの編集の方の仕事も慌ただしいから、撮影も本番ぎりぎりにならないとオイラはスタジオに入らない。特にバンドのメンバーもなかなか時間内に来ないんだよなー。
しかしこの前の本番1分前入りは、ちょっとヤバかったです。
スタジオに入ったら、バンドもクルーもオイラを待っていた状態(雰囲気でわかる)。
普通このセッションの撮影はカメラは4台の時が多く、この時見回してあれっと思ったら空いているカメラがない、コントロールルームのディレクターに”Where is my camera?"と聞いたところ、”Right here!" とボーカルの人の目の前の5台目のカメラを指している。

『えーっこれってメインのカメラじゃん、聞いてない、聞いてない』

しかし考えている暇はない、15秒後最初の曲は始まった。
おいらは打ち合わせなんてものは出ていない。
幸いこの時のディレクターは昔一緒に映像制作集団に属していた親友のR。
ヘッドフォンを通じた彼の指示も直前に "Yusaku, Go Crazy!" のひとこと。
結構有名なバンドだけど これいいの?
フリーのカメラマンもうちらのザックバランさにあぜんとしていたようだが、こういうレコーディング関係は結果よければ全てよし... 

おいらの経験から言って、オーガニックでマジカルなカメラテクは即興で生み出されることが多い....なんちゃって。

無事4曲とインタビューを終え めでたしめでたし..
なんかこういう撮影も自分の映画で使いたいアングルやカメラムーブメントを試す実験のような感じで楽しんでます。

カメラと言えば、先週友人の紹介で あるDirector of Photography (撮影監督)とミーティングしました。
今年の夏から監督する長編の話をしたところ、気に入ってくれて、ぜひカメラマンをしたいとのこと。
彼のデモをIpodで見せてもらったのですが、カメラのテクニックに関してはお互い長所が違うので、良い意味でのコラボになるでしょう。

パートナーでプロデューサーのEも今回一緒に作った作品の配給で ある大物(彼の話では)とミーティングをセットアップしてくれたらしいので、このところ日々1秒たりとも退屈しない生活です。

話が飛びまくりましたが、近況報告ですっ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月 8日 (火)

山火事、マーケティング、ハリウッド、スペイン語、恩人、ベトナム戦争

今夜はグリフィスパークが山火事です。Griffith_1(写真が去年のグリフィスパークの写真ですが、バックはは街の灯で火事ではありません)
ちょっと前にもLA Zoo(動物園)が燃えたりしました。
こんな日に限って我が家のクーラーが壊れました。
窓の外の山火事を見ながら編集作業をしています。
早く編集を終わらせたいのはヤマヤマなのですが、昔働いてたボスからちょっとした内職が入り、今週から取り組んでいます。
新作のマーケティング費用稼ぎに引き受けました(ギャラも悪くないので)。 
今日その一部を提出してきたときに、ハリウッドの山火事に気付きました。
そのボスはオイラの親父と同い年ぐらいなのですが、昔オイラがロスに来たての頃、苦労していたオイラによく仕事を持ってきてくれた恩人です。
Untitled Depression という戦争映画を監督したときに全編スペイン語だったため、なぜかスペイン語ぺらぺらの彼に、オイラが英語で書いた脚本を翻訳する仕事をお願いしました。
こういう形でお返しが出来たのはなぜか不思議でした。
しかも彼はベトナム戦争の帰還兵なので、映画の題材にぴったしで、戦争の話も少し聞かしてもらいました。

このブログ更新している間に、家のコンドミニアムのマネジャーが来てクーラー直してくれました。

めでたし、めでたし..

人生での人との出会いというのは、いつまでも大切にしたいなー。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年5月 1日 (火)

編集、マック、ファイナルカット、セパタクロー

お久しぶりです。
今週は新作の編集も中盤を迎え、マックのファイナルカットスタジオ(編集用ソフト)のエラーとバトルを繰り広げていたため、更新を渋ってしまいました。
仕事で編集して、家で新作を編集して、毎日15時間以上座っているため、体がだるいです。
最近日課の武道の練習を怠っているので、お腹もエディター腹になっています。

今晩も編集に集中したいので、
今日はこの映像をどうぞ..

高校時代にオイラが日本で唯一のナショナルチームに所属していたセパタクローというスポーツがあるのですが、その本場タイ、マレーシアの選手の技です。

キャプテン翼を実演しちゃってます。ワイヤーなんか もちろんなしです。

よく考えると自分にあの武道とセパタクロー時代がなかったら、今のアメリカでの自分というのはなかっただろーなー。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »