« 仕上げに準備、山田洋次、犬のバック転、ブルースリーベイビー | トップページ | 超多忙興奮不眠幻覚不健康朦朧状態 »

2007年6月 6日 (水)

エグゼキュティブプロデューサー、編集、作曲、監督、徹夜

現在ロス時間1:04 am, 新作の編集にふけっております。
日本の映画業界だと夜中12時、1時なんていうのはお昼というのが笑ってしまいますが。
今回のエグゼキュティブプロデューサーは二人。しかも二人は主演も兼ねている。
映画編集業界では最終カットが終わって プリントしてから上映するまで俳優には絶対カットを見せるなというのが定説ですが(ブラッドピッドとかの大スターは別として)、 タブーを自ら破り二人にカットを見せました。
彼らも自分の中の俳優サイドを殺して、エグゼキュティブプロデューサーとして必死に頑張っています。
『最終的にはディレクターのユウサクに任せる』と優しく微笑んでいるように聞こえますが、そういうときに限っておいらの方が、助けを求めていたり..
二人は全く違うパーソナリティーの持ち主。
二人を俳優として使うと面白いが、エグゼキュティブプロデューサーとして意見が合うことは全くない。
プロデューサーのオイラの意見も加わって釣り糸こんがらかっちゃった状態と思いきや、3人で助け合っている。3人でジグソーパズルを解こうとしている状態とでもいうか..
編集をしていると同じシーン、カットを何百、何千回も見て、感覚が麻痺してしまう。フレッシュな感覚を失ってしまうのだ。
そんなときオイラの元の感覚を毎回取り戻してくれるコメントをくれるロブ、感覚が麻痺してか本心からか『こんな駄作は見疲れた、見ただけで吐き気がする』とか言っているオイラをモーチベートしてくれるエリック。
君らがいなければ、この映画を監督している自分は存在しない、本当にAppreciateしてます。
しかしながら今晩徹夜というのは変わりそうもありません。
編集と作曲は永遠に続く..

|

« 仕上げに準備、山田洋次、犬のバック転、ブルースリーベイビー | トップページ | 超多忙興奮不眠幻覚不健康朦朧状態 »

コメント

賞は監督に与えられるけれど
共同作業なんですよね

投稿: N.Kojima | 2007年6月11日 (月) 17時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/85772/6686139

この記事へのトラックバック一覧です: エグゼキュティブプロデューサー、編集、作曲、監督、徹夜:

« 仕上げに準備、山田洋次、犬のバック転、ブルースリーベイビー | トップページ | 超多忙興奮不眠幻覚不健康朦朧状態 »