« Sony ブルーレイ HD−DVD ドンウイルソン 撮影 若者 | トップページ | ロサンゼルス 国際短篇 映画祭 Los Angeles International Short Film Festival »

2007年7月24日 (火)

武士道、黒澤明監督の侍イズム

だいぶ遅れたのですが、チャイナタウンで『武士の一分』のDVDを買ってきて、やっと見ることが出来た。
最近見るのが時間の無駄だったりする映画や、こんなのオイラならもっと面白く撮ると思う映画など、好い作品になかなか出会わなかったが、 さすが山田洋次監督、『武士の一分』では一秒たりとも退屈せず、楽しませてもらい、泣かせてもらいました。
特にキムタクは昔から好きでもなく、どちらかというと嫌いな方だったが、物語に入ると一切の偏見は忘れ 彼のキャラクターを実在人物に感じる そこは映画と監督と演技力のマジック。
たそがれ、隠し剣、武士の一分とけっして観客を飽きさせることなく、時代、社会、リアルなキャラクター、藤沢周平へのこだわりは納得できる。
衣装に黒澤和子さんと黒澤明監督の侍イズムが伝導されていると思えるのは気のせいか?
自主映画も増え賑わっているように見えるが、全体的な映画の質は決して良いとはいえない日本映画界、質的には落ちているように思える..
今村昌平監督も亡くなり、日本の現役でホネのある、筋の通った監督の少ない中、嫌、唯一の山田洋次監督は立派です。
MovieではなくCinemaを、大作ではなく名作を作り続けている方です。

1465017593_l
L_40fd64b9666b7fc4619820bdb2930687



今日の写真は所属するサムライアクションのパフォーマンスから..

|

« Sony ブルーレイ HD−DVD ドンウイルソン 撮影 若者 | トップページ | ロサンゼルス 国際短篇 映画祭 Los Angeles International Short Film Festival »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/85772/7271800

この記事へのトラックバック一覧です: 武士道、黒澤明監督の侍イズム:

« Sony ブルーレイ HD−DVD ドンウイルソン 撮影 若者 | トップページ | ロサンゼルス 国際短篇 映画祭 Los Angeles International Short Film Festival »