« Thanksgiving day と怪物たち | トップページ | 映画の死すとき »

2007年11月27日 (火)

ウッディーのサスペンス?

ウッディーアレンがなんと!?サスペンス映画を撮りました。
歳とってミステリーの要素が入ったドラマをやるようになってきたなーと思ったら、今回全編シリアスなドラマなようです。
予告編
彼の映画はやっぱり彼が主演していた昔の作品のほうが、オイラ的には好きです。彼の70年代から80年代の映画は見ると、いつも同じ様な役やっているんだけど、それが見ててたまらないし、癖になってくる。寅さん効果と呼ぶべきか?
今回のサスペンスはどうなるのか、ウッディーの味が出るのかどうか?
主演はユアンマクレガーにコリンファレル..うむ...

今回ウッディーアレンについて書いたのは、彼の映画製作の姿勢がとても興味深いとおもうから。
監督する時、かなりのコントロールフリークかと思ったら、俳優にかなりの自由を与えたり、シーン中カットは殆どしないし、セットに来るまでどう撮影するかのプランは全く練らなかったり、リハーサルは全くしない、それでも自分のビジョンを傷つける事は絶対してはいけないと言いはる。
彼は彼なりの映画製作についてのプロセスを毎回実験しているようである。
偉い!!凄い!!かっこいい!!

100年ちょっとの映画の歴史、ハリウッドはこう撮るとか、インディーはこういう映画じゃなくちゃいけないとか、180度アクシスルールとか、Over the Shoulder shot(肩越しに二人を撮るショット)とか、フォーミュラ化してしまうのはまったくくだらない!!!
630547482601lzzzzzzz
写真は彼の作品の中でも結構好きな、Take the Money and Run 『泥棒野郎』1969

|

« Thanksgiving day と怪物たち | トップページ | 映画の死すとき »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/85772/9153293

この記事へのトラックバック一覧です: ウッディーのサスペンス?:

« Thanksgiving day と怪物たち | トップページ | 映画の死すとき »