« なんと!!!!!! | トップページ | 撮影と胸筋痛 »

2008年4月 5日 (土)

忠義 

先週の日曜日、久しぶりにオフになりそうだなーと明け方REM睡眠で空を飛んでいる夢をみていると、朝の6時にPresidentから携帯にボイスメールが..
『今日の撮影のCamera manが病気で倒れた..空撮なんかも今日は入っていて重要なんだyusaku代わりに行ってくれないか』
眠たい目をこすってメッセージを聞きながら、迷っていた。
先週の無理が今頃出て、今朝は風邪気味で頭痛もする。
だがお願いされると、断るのも侍日本男児の名が廃る。
コールバックをして
"I'll do it" と

1時間後にはTorranceの空港からButtonwillowに向かうプライベートセスナの中。
Download3

社長の知り合いがセスナの会社のオーナーという事で、車で3時間半という距離をセスナをパイロット付きで貸し切りで1時間という時間節約。
空撮はおまけでしたが、空撮用のリグとかそんな物はなしに、HDカメラ一丁で飛び出した為、上空からはあまり良い映像が撮れませんでした。


Download1

おまけに頭痛で頭がふらふらしていたのに加え、撮影するレーストラック上空を飛んでいる最中、強風、乱気流に巻き込まれ、揺れる、浮かぶ、まわる、横に流れる、落ちる、と座っているのも精一杯。

4人乗りのおもちゃの様なセスナが派手に踊りだし、カメラを握る手は汗びっしょりだし、頭を天井に何回かうちつけたりもしました。

しかし..

『世界で名作として受け継がれるようになる映画を監督するまでは死ねん!!』


Download2

Buttonwillowで我々のパイロットは誰もいない空港にセスナを駐車し、車で15分くらいの所で、Time Attackというレースイベントの撮影しました。レーストラックをカメラをもって走り回ったり、ハンディーカムをレースカーにつけ撮影したり、ドライバーのインタビューを撮ったり、レースクイーンとだべったり、砂漠に置き去りにされたりで、今朝コールバックなんかしなけりゃ家でゆっくりできたのにな〜とか思いながらも ようやく夜セスナでロサンゼルスに戻りました。
頭はふらふら、体はがくがくでしたが、最後にロサンゼルスの上空を長時間超低空で眺めたのは初体験で、他のクルーどもがガーガー寝ている隣で、いろいろ考えながら僕は目をうるうるさせて夜景を見ていました。

自分の夢の為なら死ねる、でも夢が達成するまでは死ねない。

乱気流なんか大嫌いだ〜

 

しかし人生で出来ない事はない

ゾウさんに見習おう。

|

« なんと!!!!!! | トップページ | 撮影と胸筋痛 »

コメント

ぞうさんかわいいね

投稿: keiko | 2008年4月 5日 (土) 00時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/85772/12311603

この記事へのトラックバック一覧です: 忠義 :

« なんと!!!!!! | トップページ | 撮影と胸筋痛 »