« Rejuvenation | トップページ | Life was like a box of chocolate... »

2008年11月 4日 (火)

Borderless World

女子高生でプロ野球選手を目指す吉田えりさんの話を聞いた。

バラク・オバマ上院議員が史上初のアフリカンアメリカン(黒人とはオレは言わない)として米大統領選を勝利した。

くそブッシュが独裁体制でどん底に落としたアメリカを立て直してほしい。

一人の人間が自分の信念と行動でメインストリームへくい込み、大波を起こし、その後の体制を良い方向へ変えていく姿は美しい。

年俸が10分の1以下になっても、パイオニアとしてメジャーリーグに乗り込んでいった野茂もそうだし、

オーストラリア人として香港で撮影監督として成功したクリストファードイル(自称オイラの師匠、昔ADでつかせてもらった)、

スパイクリーなんかよりずっと昔に、アフリカンアメリカンのインディー映画で、ハリウッドへ殴り込みをかけたメルビン∙バン∙ピーブルズ(彼もオイラの師匠、彼の映画の仕事をしたので、その話しはまた)、

ヘビー級の体の大きな選手ばかりだったUFC6(アルティメット大会6)へ、ロシアからサンボで乗り込んで優勝したオレグ・タクタロフ(彼にも2回会った事があります。彼が出演していた映画を編集した時と、サンタモニカで飯食ってたらたまたま) 

トーキー(音声映画)発明後に無声映画『街の灯』を完成させ大ヒットさせたチャールズ・チャップリン(オイラの人生の師、会った事ないけど)

また彼は初めて作ったトーキー映画でもナチスとヒットラーを皮肉った『独裁者』を完成させ世界へ平和へのメッセージを送った。

ナチス・ドイツの占領が制作中に続き、上映禁止の可能性も大であったろう。上映されなければチャップリンは破産するほど自己資産をこの作品に投資したそうだし、ナチスが世界征服したらヒットラーに処刑されていただろう。
またその世界征服を止める手助けにもなったこの映画、彼の平和への信念が貫かれている。

こういった偉人達は、マイナーな人種や宗教だったとか、女性だったからとか、今まで誰もやらなかったからすごいとかそういう事ではない。

それはあくまでも周りからその人たちがどう映ったか..
彼ら彼女達は自分が周りからどう見られていたかという考えは、殆ど頭の中になかったのではないか..
おそらく信じていたのは自分が世界をどう見ていたか。またどう変えたかったか?

オイラも最近ハリウッドのメジャースタジオの一つにくいこんで働き始めた。

波を起こせるかは分からないが、世界を変えていく為の勉強になるだろうとは思っている。

今日はタイミング的に清々しい気持ちになった。

オバマ氏の当選スピーチが今終った。
世界平和の為に、期待したい。

チャップリン『独裁者』最後のスピーチを..

でも是非全編見て!






各ブログランキングへ清き1クリックずつお願いします

人気ブログランキング【ブログの殿堂】  人気blogランキングへ にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 自主制作映画へ にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ


|

« Rejuvenation | トップページ | Life was like a box of chocolate... »

コメント

吉田えりさんにはぜひプロの舞台で頑張ってほしいですね。
溝口監督も体に気をつけて頑張って!

投稿: emi | 2008年11月 5日 (水) 00時47分

emiさん

お久しぶりです。
元気なんですが、風邪を引いてしまいました。
馬鹿は風邪引かないはずが、一年に一回ぐらい毎年利口になります。

投稿: 溝口友作 | 2008年11月 5日 (水) 01時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/85772/25049401

この記事へのトラックバック一覧です: Borderless World:

« Rejuvenation | トップページ | Life was like a box of chocolate... »