« お詫び、ハリウッド、リーストラバーグ | トップページ | 明けましておめでとうございます »

2008年12月27日 (土)

2008年の反省、2009年に向かって

御無沙汰しています。
友達の結婚式でワインを飲み過ぎたオレです。

今年もあと一週間を切りましたね。
去年の終わり近くに、来年は自分の使命にむかってみたいな事を言っていましたが(自分の前のブログを読むのは恥ずかしいのでしませんが)、正直言って今年はまだ自分の突進力が弱かったと反省しています。

突進力と言えば、

今日ミクシーで日本にいる中学からの友達とコメント欄で話してたのですが、なぜかある池の話になって、そこでの思い出が頭によみがえっていた。

オレが小学生の時、釣りに行っていた池があります。
石神井公園という所に、三宝寺池というのがあって(実際の場所の写真です)

チャリで1時間ぐらいのところですが..
11540836そこへオレが確か小学3年生の寒い冬、同級生一人と6年生の先輩二人でブラックバスを釣りに行きました。
同級生は仲良しで、その友達の先輩とその友達(Sさんとしておきます)はオレは初対面でした。
静かな人でしたが、なにかその瞳の奥に小さなろうそくの炎でも燃えてそうな、落ち着いた人でした。
バス釣りについてはまた次の機会に細かく書きますが、その日一日中誰も何も釣れずに、夕方近くになってしまいました。

やけくそになったオレは渾身の力をこめてルアーを投げる動作をしました。
するとはめ込み式の竿先が手元の部分を残して外れ30メートル先に池の中にシューンと飛び、池に刺さってしまいました。

糸はまだ繋がっていたので、同級生のアドバイスにより、オレはリールを巻き始めました。
糸はピンピンにはり、長い竿先はまだ池に垂直に刺さったまま、同級生が『もうちょっとだー』とか横で言っています。
その時

パツン!!

と音をたて、竿先までの助け綱であった糸は切れました。

同級生を睨むオレ..

実はこの竿は親父の釣り用具から借りてきたもの、しかも親父は朝仕事に出てしまっていたから、借りた事も伝えていない..
悲しくなったオレを慰める先輩。

『親父さんも分かってくれるよ』

もう一人の初対面の先輩Sさんは黙って遠くに刺さっている竿を見ている..
そして一言

『30メートルか..』

意味不明であった。オレは聞いた。

『どういうことですか?』

彼は続ける

『泳いでいけないことはないな..』

『え〜凍え死んじゃいますよ』

知り合いの先輩は
『お前なら行けるかもな』と一言。

周りはあと15分経ったら何も見えなくなるくらい薄暗い、冬の風邪はぴゅーぴゅー寒いし、当時その池はそこら中、草木が生えてて、竿先までのルートは障害物だらけ、ばかでかい亀もそこらじゅうに浮かんでいる。
水はどす黒く、空が暗いのもあって墨汁の池の様..(写真で再現してみました)
Photo

そんな時、同級生がドロで足を踏み外して、下半身池にドボッとはまり、隣にいたオレは彼を引き出す。

彼は風邪にあたり『お〜さみ〜さみ〜』とか言っている。

静かな足跡が暗闇から近ずいてくる。

そして、いかにも!という怪しい杖をついた婆さんが歩いてくる。(こ〜んな感じの婆さん)
Kurabokko

『あんたさっき沼に落ちたろ?』

同級生『はい。』

『気をつけんといかんよ、この沼、暗くなると変なのが出るから、引きずり込まれるよ..沼の主とも言われておってな』

といって去っていく婆さん。

恐れと寒気がして立っているオレ、隣で震えて『もう帰ろうよ〜』と同級生。
池の水の中からは怪しい気泡がそこら中でぶくぶく出ている。
もう頭の中は水木しげるの世界...

Sさんは屈伸運動をしている。

もう一人の先輩は
『もうだいぶ暗いから今行かなきゃ、無理だろうな』

確かに竿についている細い赤い線と妖しい気泡がぶくぶく出ている以外、周りは何も見えない。
2_2

Sさんに悪いと思い何か手伝おうと思った。

柔軟体操をしているSさんの背中をなぜか押して手伝っているオレ。

Sさん『じゃあ行くか!』

そしてSさん、いきなり真っ黒の水面に頭からダイブ!!!!

バッシャ〜ン!!

高速クロールで草、藻、木、亀を振り払い直進特攻するSさん、

ジャバジャバ

竿にたどりつきターン!

ジュバジュバ

竿を持っているため、帰りは平泳ぎ。

怪しい気泡がSさんに猛烈な勢いで近ずいてくる。

『急げ〜』

ジャバジャバジャバジャバ

岸に近ずきザバーンと池から出るSさん。

一言『はい』

と言ってオレに竿を渡すSさん。
頭には藻がのっかっている。

オレは一言 
『ありがとうございました!!』

確か土下座していた..

竿をとってくれたお礼ではない。
男をみせてもらったお礼であった。

その日初めて会った見知らぬオレなんかの為に、寒い冬の視界もない墨汁の様な池に飛び込み、婆さんの言っていた妖怪(主)にもビビらず、竿をとって来てくれたSさん。

オレは誓った、『これからの人生、彼の様にたくましく生きる』と...

将来何が起ころうと、Sさんのやさしさ、勇気、突進力を思い出そうと...

そのあと冬の夜をびしょ濡れで1時間で地元までチャリンコで帰ったSさんはただ者ではない。

なぜSさんを止めなかったんだ!とオレを避難する人もいるかもしれない。

しかしSさんの30メートル先の竿先を見据える瞳は燃えていた。彼の野望を止めるなんて事はその時問題外だったのだ。

今日ミクシーで話していた友達に聞いたんだが、1993年にその池でワニ騒動があったそうだ。

1年後その下流でワニの死体が見つかったそうだ。

ということはSさんワニをも振り切ったということだ。

婆さんの言っていた妖怪とはワニであったのか?

長くなりましたが、今年は振り返ると、行動力が弱まっていたオレでした。

周りは真っ暗でも、竿先はまだ見えています。

来年は、何事にも躊躇する事なく、突進していこうと思います。

moviescissors

各ブログランキングへ清き1クリックずつお願いします

人気ブログランキング【ブログの殿堂】  人気blogランキングへ にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 自主制作映画へにほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ


|

« お詫び、ハリウッド、リーストラバーグ | トップページ | 明けましておめでとうございます »

コメント

偶然このページを見つけ、初めて溝口さんのブログを読みました。涙がでそうです。男に生まれたかったです。これからも頑張ってください。

投稿: IK | 2008年12月30日 (火) 22時44分

あけましておめでとうございます。
 えーっ?、石神井で遊んだことがあったんですね。
偶然ですが、上石神井のHPを運営しています。(^_^;)
練馬区上石神井 タウン情報(市民どうしの情報交換)
http://www.st.rim.or.jp/~jhattori/nerimaku.html
 以前は子どもの関係で小学校のHPも作っていました。(^_^;)
http://nvc.halsnet.com/jhattori/kamisyo/

 さて、本題のコメントを書きます。(^_^;)
こんどはアメリカがイラクと戦争をするまでの経緯を
実際のエコノミック・ヒットマンだった
ジョン・パーキンスが証言している部分を
「時代の精神 続編」から抜き出し、字幕化して
5分ぐらいのビデオで見られるようにしました。
http://jp.youtube.com/watch?v=I92gtx11Fi8

 この部分を見ることによって
9.11テロが実際はアメリカのチェイニー副大統領ら
コーポレートクラシー(企業統治、企業集団、企業主義?)によって
仕組まれたことがわかるようになっています。
(そこまでばらしていいの?(^_^;)
 いくら国連とノーベル賞の一家が支持していると言ってもね (^_^;)
 逆に言えば、世界の人たちの悲惨な現状の本当の原因を知っている
 NGOや国連の人たちの良心の叫びなのかもしれません。)

 またさらに面白いことは、
「時代の精神」(Part3 カーテンの後ろの人々から)を見た人は
http://jp.youtube.com/watch?v=W_xWI6mJb0s&feature=related
そのチェイニー副大統領自身も実は国際銀行家(国際財閥)らによって
企業利益を最大にするよう、動かされているにすぎないことがわかってきます。


 このようにあなたの世界観を変える、非常にインパクトの大きい映画:
「Zeitgeist ツァイトガイスト 時代の精神」のサイトも作りました。
http://nvc.halsnet.com/jhattori/Zeitgeist/

そちらもご覧ください。

投稿: 服部 順治 | 2009年1月 4日 (日) 08時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/85772/26552395

この記事へのトラックバック一覧です: 2008年の反省、2009年に向かって:

« お詫び、ハリウッド、リーストラバーグ | トップページ | 明けましておめでとうございます »