« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月29日 (日)

ハリウッド、アーティビスト映画祭 『Lives in Exile』 上映 と 雑記

Poster_livesinexile_blog


いよいよ来週の木曜日12月3日にせまったアーティビスト映画祭 『Lives in Exile』 上映ですが、前売りチケットはすべて売り切れてしまいました。
もし予約しようとして、取れなかった方にはお詫びを申し上げます。

ところが!

当日の上映1時間前(8:15pm)にRush-Lineというところに並べば、予約が入って埋まらなかった席に入る事も可能です。

今回私が監督したショートドキュメンタリー『Lives in Exile』は不況で嘆く世の中とは全く関係ないところで、長い間迫害されてきたチベット人たちを描いております。

ロサンゼルス在住の方に限られますが、一人でも多くの方に見てもらって、心の革命を起こし、自分の判断によって行動を起こしていただける方が増えればと思っております。

このアーティビスト映画祭、去年は日本でも開催されたのですが、今年はロス、ニューヨーク、ロンドンとなっております。

今回のドキュメンタリーに限らず、私の映画が日本でも流れます様、日々制作活動を続けたいと思います。


ちょっと話しは変わりまして、

最近私のブログの更新で毎回関連性というものが欠乏しております。
何ヶ月か前にスリラーの長編を取り終わったという話しを書いた途端、砂漠での別の撮影、コメディーを終らしたと思ったら、深刻なドキュメンタリー。
慌ただしいと思われるかもしれませんが、私の職業柄当たり前の事なのであります。
長編劇映画だけで食っていける売れっ子である以外は、しょうがない事でもあり、また変化に富んだプロジェクトを同時に楽しんでいる自分がいます。
また長編にしても、短篇にしても、コマーシャルにしても、1番最初の企画の切っ掛けから、配給やリリースまでの時間がまちまちで、別々のプロジェクトのステップごとを交互にこなしている為に、ブログ更新のトピックが飛びます。

プロジェクトでもこのブログでタイトルが出せない物や、人の名前が出せない物が、約半分ぐらいありますので、話しがとぎれとぎれになるときも多いです。

また関わる作品などについて、よく映画関係の人たちには、監督としてのスタイルは何ですかと聞かれる時がありますが、そのとき作っている作品にもよりますし、まだまだ自分で自分のいろいろなスタイルの可能性を実験していると思います。

もちろん自分の目指すところ、得意なスキル、絶対に自身のある分野、ジャンルなどというのはわかっているつもりではいますが、

黒澤明監督でさえ、83才で立ったアカデミー賞の壇上で『映画がよく分かっていない』と言ってました。
その探究心こそが黒澤監督の映画へのエネルギーになっていたのだと信じています。

それを考えると私はまだよちよち歩きしか出来ない赤ちゃんの様な気分です。

まだまだ発展途上の自分ではありますが、毎回のその作品ごとの、インスピレーションと探究心と遊び心がなくなったら映画をつくる意味が自分的にないですし、他の事をやっていると思います。






各ブログランキングへ清き1クリックずつお願いします


人気ブログランキング【ブログの殿堂】  人気blogランキングへ にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 自主制作映画へにほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年11月26日 (木)

新作コメディー完成

ちょっと前に告知しました俳優の神田瀧夢さん、プロデューサーのショーンさん、監督の僕がタッグを組んだコメディー『Mr. Edamame』(ミスター枝豆)が完成しました。







俳優、神田瀧夢さんのアメリカでの活躍は下の動画でご覧頂けます。






各ブログランキングへ清き1クリックずつお願いします


人気ブログランキング【ブログの殿堂】  人気blogランキングへ にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 自主制作映画へにほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ

 


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月20日 (金)

レッドカーペットイベント

Dsc03148_blog_3


ここ最近、知り合いの映画上映、撮影などでレッドカーペットのイベントに行く事が多いのですが、
今週は知り合いのYuzoくんとSeanさんからのつながりで、
スイスダイアモンドの高級時計ARMAANのレセプションパーティーのレッドカーペットの日本人の女優さん俳優さんのコーディネートをしてきました。
アメリカ人の俳優、女優、ジュエリーデザイナー、ファッションデザイナー、起業家など、一晩があっというまに過ぎるほど、いろいろな方面からの方々とお話させて頂きました。

写真はこれからのハリウッド映画界を背負って立つ日本人女優さん、モデルさん、俳優さんたち、

左から
Hazukiさん
NORAさん
オレ
Friedia Niimura (元こずえ鈴)さん
TJ Kayamaさん

皆さんのしている時計一つ少なくとも150万円はします。
冗談で『お土産にくれないの』とオーナーに聞いたら、まじめに『No』と言われました。





各ブログランキングへ清き1クリックずつお願いします


人気ブログランキング【ブログの殿堂】  人気blogランキングへ にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 自主制作映画へにほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ

 


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月17日 (火)

砂漠から凱旋帰国と『タイタンの戦い』リメイク Clash of the Titans

Dsc03023_blog

ようやく砂漠の撮影から凱旋帰国しました。

週末の撮影中本当にいろいろなことがあったのですが、帰ってきてからいろいろ慌ただしくて、頭と心がまだ落ち着いてないので、少ししたらブログに書こうと思います。

とりあえず生きて帰ってきました。笑

このまえ長編映画を撮った時の撮影回想記を始めたのに、また別の長編映画の撮影日記を書くつもりです。
いつもトピックが変わって慌ただしくて申し訳ないです。こういう好奇心旺盛の性格なので..

話しは変わって、

オレのベスト映画100に入る1981年の『タイタンの戦い』英題『Clash of The Titans』の
リメイクが作られたようです。

オリジナルで気に入った映画はリメイクされると殆どががっかりすることが多いんですけど、特にこの『タイタンの戦い』自分の成長過程でとても影響された映画であったので、自分の中でオリジナルを超える事はないとは思いますが。
またこの映画には古代の怪物がいろいろ出てくるのですが、1981年のオリジナルはアメリカの特撮映画のパイオニアレイ・ハリーハウゼンのストップモーションで映画の中の怪物がクリエイトされました。怪物の動きが今からみると少しぎこちないのですが、それが逆に不気味さを醸し出して、実際にミニチュアで作られた怪物のテキスチャーも感じる事が出来、重量感のない現代のCGに比べるとすばらしい技術であったと思います。
リメイクではCGで作られた怪物が楽しみです。

公開は来年の3月らしいですが、それまで予告編を見ないで映画館にストレートに行ってIMAXの大画面で観たいのです。
(ちなみにこのまえ『かいじゅうたちのいるところ』IMAXの真ん中の席で見たらある理由で失敗でした、映画が失敗という事ではないのですが)

前に自分は予告編を仕事でつくっていたこともあって、予告編をみるとだいたい映画が分かってしまうので、自分で楽しみたい映画は我慢して予告編を見ずに、予備知識まったくなしで見るのがモットーです。

『Clash of the Titans』
監督はThe Incredible HulkのLouis Leterrier。(トランスポーター最低)
Liam NeesonやRalph Finnesが出演してます。

予告編を見たい方は

ここからどうぞ 

オレは公開までぜったいこの予告編は見ないぞ~

ということで鹿と共存夫婦の動画、

もう一つおまけ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月16日 (月)

My Buddyのサンダンス映画祭用 長編映画撮影

モハビ砂漠とデスバレーでの撮影一日目が終わりました。
今週ここで雪が降ると、天気予報の金髪おねーさん。
カリフォルニアですよ。砂漠ですよ。ヒョエ~っ。
砂漠の近くで呑みに行って今日始めてID見せなくて呑めた。やったーじゃなくてもう親父に見えてきたか?

ホテルの机でメイクの人は徹夜で血糊制作。
となりにあるベッドでプロダクションデザイナーが「でぇ~」と言って魘されてる。
2nd unit director/cinematographerの俺は今日は寝る体力しか残ってないです。
今日の映像はイマイチ殆ど、Coolが多少。
明日は良くなる模様です。

iPhone更新ごめん!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月12日 (木)

風林火山

少し落ち着いて自分の映画の企画を練りだしていた今日この頃..

新しい長編映画の企画が入ってきました。
まだ決定したわけではないので、詳細は告知できませんが、
(というか自分でもまだ詳細は分かっていませんが)
来週からプロダクション会社のプロデューサーがロサンゼルスに来てミーティングがはじまります。

もしこの映画を監督する事になったら、幼い頃からの憧れの地であったあの国で撮影する事になりそうだ。






各ブログランキングへ清き1クリックずつお願いします


人気ブログランキング【ブログの殿堂】  人気blogランキングへ にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 自主制作映画へにほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 8日 (日)

映画祭上映日決定

Dalai_2
12月初めにハリウッドで開催されるArtivist Film Fesitivalで上映されるオレの監督したショートドキュメンタリー 『Lives in Exile』上映日が決定致しました。

The Egyptian Theater

住所
6712 Hollywood Boulevard, Hollywood, CA 90028

12月3日(木)
9:15pm〜
他の活動家の短篇と同じブロックで上映されます。

チケットはウェブサイトより予約すると無料ですので(4人まで予約可能)、
ハリウッド、ロサンゼルス近郊にお住まいの方は是非足を運んでみてください。

チケット予約ページ

ちなみにオレの撮った『Lives in Exile』は迫害されてきたチベットの人たちとダライラマについてのドキュメンタリーで、一瞬目を背けたくなる様な残酷な映像も出てきますが、世界平和を唱えるには避けて通れない人権問題をあつかった作品です。

(今回はホラーではないですよ..でも強烈系ですけど)

ちなみにアーティビスト映画祭とは、人権、子どもの権利擁護、環境保護、動物の権利などの問題解決に特に力を注ぐ、初めての国際映画祭です。アーティビスト映画祭の使命は、一般社会のグローバルな社会問題への認識を高め、このような社会活動を行うアーチスト、つまり「アーティビスト」の声を高めることです。

映画祭開催日時がなかなか決定しなかったようで、間違った日時または最終決定前の記事をいくつか見かけましたので、念を押しておきます..
12月1日〜5日 (ハリウッド)
3月5日〜6日(ロンドン)
3月25日〜27日(ニューヨーク)

のようです。






各ブログランキングへ清き1クリックずつお願いします


人気ブログランキング【ブログの殿堂】  人気blogランキングへ にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 自主制作映画へにほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年11月 5日 (木)

久しぶりにランダム動画


iphoneを絵本に入れて遊ぶphonebookというアプリ。大人でも楽しめそうですね。


ラブラドール・レトリバーの赤ちゃんたち。


Little Girl Tosses Back Foul Ball - Watch more Funny Videos

あれっ 投げ返しちゃった。それでも笑ってるお父さんがいいですね。






各ブログランキングへ清き1クリックずつお願いします


人気ブログランキング【ブログの殿堂】  人気blogランキングへ にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 自主制作映画へにほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ

 


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 2日 (月)

長編撮影 回想記 パート2

この前映画を撮影した時の日記を載せたら、リアルタイムだと思った方が結構いたみたいでまだ撮影していると思われていたので、回想記とする事にしました。

Dsc_0047_blog

7/22/31
本日撮影予定場所だった墓地が使えないというニュースを何日か前に聞き、悩んでいた。
ADによるとその墓地のポリシーで機材を持ってきて置くのは地面に埋まっている方々に申し訳ないという理由だった。
それならということでカメラ、サウンドの機材以外一切機材を持ち込みなしで、クルーも最小人数に抑えるということでOKを出してくれた。
三脚なし、ドリーなし、照明なし。クルーもメインの人達と後はPA一人のみ、うむっっっ。
しょうがあるまい。

地面に機材を置かないと言うことで同意した撮影、それでもカメラマンのアダムは地面にカメラを置いて撮影。意味ね~。(て言ってもオレがローアングルを彼にリクエストしたのだけれども)

写真では分からないが、ここはものすごい温度と湿度で皆立ちくらみがしていたようだった。

ちょっとカメラにテクニカルなトラブルがあったロケーションだが、撮影したラッシュをみると霧がかった何ともミステリアスなシーンが出来ていた。

その後ホテルで1シーン撮影してから、コンドミニアムを改造して弁護士とオフィスを造ったロケへ行って撮影。
そこにローカルのテレビ局がインタビューしにきたので、フロリダでの撮影のいいところとして、墓地で撮ると霧がかったショットが撮れると言ったら、インタビューしていた記者はかなりエキサイトしていた。

1日で3ロケーション、4.5シーンの走馬灯の様な1日..今日は映画を監督する楽しみを実感する余裕もなかった。





各ブログランキングへ清き1クリックずつお願いします


人気ブログランキング【ブログの殿堂】  人気blogランキングへ にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 自主制作映画へにほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ

 


| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »