« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月31日 (木)

2009年

2009年もあと1時間で終る。(ロサンゼルス時間)
日本の方でこのブログを読んでいる方は、もう年明けをしてし元旦に入ったとおもいますが..

2009年は世界も自分の世界も激動の年であった。

アメリカで史上黒人として初めて第44代大統領にバラク・オバマが就任し、日本では政権交代で民主党代表の鳩山由紀夫氏が第93代内閣総理大臣に任命されるが、世界各国では不況と失業率上昇に金融危機、マイケルジャクソンが死亡し、ジェームズキャメロンがAvatarで3D映画の歴史に新しい一歩を歩み始める。

2009年にあった自分の出来事としては、アメリカのプロダクションと契約し初の劇場用長編映画の監督、憧れていた俳優の長編映画に撮影監督として参加、そして最終的には世界全体の平和の為、身の回りや個人的に気になる社会問題を取り上げひたすらショートのドキュメンタリーを撮り、また2010から2011年にかけて監督する映画の脚本も書き始めた。

飛び立つのが自分の目的であれば、2009年はしゃがむ時期であった。
しゃがむといっても、ネガティブな意味ではない。
体操競技の跳馬でいえば、
より高く飛び立つには、走ってー>しゃがんでー>地面を蹴ってー>飛んでー>宙に舞うー>そして着地。
2010年は地面を蹴って飛び立つ年にしたい。
一歩ずつ慎重に進みスピードを落とす事なく、飛び立つ為の踏み台を定め、しっかり蹴って飛立ちたい。

ランキング参加にそれぞれ1クリックずつお願いします。

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ブログランキング

ブログランキング


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月30日 (水)

年末は音楽浸け!

数年前にプロダクションで一緒に働いていた戦友が
新しいマネージメント会社を始めたと聞き、
その会社専属の某アーチストのプロモビデオを作る仕事が入ってきた。

ちょうどハリウッドのクラブでそのアーチストのCDリリースパーティーがあるというので、
そのパーティーの模様も撮影してきた。

完成するまでビデオ内容はまだ見せられないのですが、
中には友情出演のような感じで音楽ファンにはたまらない(多分)人たちも来ていました。

知っている人は知ってるバンドSublimeのNew Vocal, Rome
最後酔いつぶれてメインのイベントが始まった時は爆睡していた。

Rom

この容貌は一目見るとわかるBlack Eyed PeasのApl.de.ap
シャイな人で、インタビューは勘弁ということでしたが、謙虚で良い人でした。
Apl


そして会場の盛り上がりがピークに達し、
DJがBlack Eyed Peasの"I gotta Feeling"を流す。

最高!!!

今回のプロモビデオが今年の仕事納めになりそうです。(後二日、はたして今年中に終らせられるか?)

2009年は世界不況でどこで見る人々も何か元気がなく、薄暗い空気が漂っていた様な年でしたが、
2010年は自分は自分で心明るく"I gotta Feeling"をテーマソングに爆進します。


ランキング参加にそれぞれ1クリックずつお願いします。

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ブログランキング

ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月23日 (水)

The Karate Kid, Jackie Chan ベストキッド ジャッキーチェン

Picture_3
ついに噂されていた新しいThe Karate Kidの予告編が公開されました。

オリジナルのThe Karate Kid (邦題、ベストキッド)ファンとしては、微妙に感じるところです。
ミスターミヤギ役のパットモリタさんも亡くなってしまったし、
ラルフマッチオでパート1〜3までで、パート4はなんとヒラリースワンクが出てたりして、もうたくさんだと思っていましたが、

それでもジャッキーチェンだしやっぱりMr.ミヤギさんのお約束ギャグもあるかどうか見てみたい。(でもジャッキーもかなりおじさんになったな〜)(ジャッキーのThe Spy Next Door ももうすぐ公開です)
新しいThe Karate Kidはウィルスミス夫妻がプロデューサーで息子ジェイデンスミス主役と家族で気合がはいっています。

が...

とりあえず予告編を見ると中国が舞台だしカラテじゃなくて、中国憲法なんじゃないですか?
と突っ込みたくなりますが、そこはリメイクという事でご愛嬌。

ここ10年間格闘技・スポコン映画というジャンルさえ殆どなくなってしまった映画界。

新しい波を僕らが作らないければ..


ランキング参加にそれぞれ1クリックずつお願いします。

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ブログランキング

ブログランキング


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月20日 (日)

ブリタニー・マーフィー R.I.P.

600fullbrittanymurphy


女優のブリタニーマーフィーさんが今朝、心不全で亡くなった。
90年代の名前が売れる前に彼女の出演している映画を初めて見て、演技とパフォーマンスと個性の境のないすばらしい才能に驚かされた。
『フリーウェイ』の刑務所内のレズビアン役なんて鳥肌が立つほど惚れてしまった。
彼女以外にあのレベルで演じれる役者はいないだろう。
スターになってガリガリに痩せてしまってブロックバスター映画への出演が殆どになってからタイプキャストが多くなっていた感があった。
これからいっそう素晴らしいキャリアを磨いていくはずだった彼女が32才という若さでなくなってしまったのは本当に心から残念です。



ランキング参加にそれぞれ1クリックずつお願いします。

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ブログランキング

ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月16日 (水)

ハリウッドのサンセット沿いのレッドカーペット

すこし前の事ですが、ハリウッドのSunset Blvd. 沿いのBar Chateau Marmotというバーでレッドカーペットのイベントの撮影の仕事があって行ってきました。
オーストラリア関連なので、有名な俳優さんたちはいないだろーなーと思いきや..

Julian_mcmahon
カメラにウインクしている人は
Nip/TuckのJulian McMahon。Fantastic4 Silver Surferなんかにも出ている。


Actress
この綺麗な女優さん....名前が出てこない。知ってる人教えてください。

Ryan_kwanten_2
True BloodのRyan Kwanten。かなりファンが集っていた。

Actress2
この女優さんもどっかで見たのだけれど..名前が..出てこない..

Gilles_marini
Dancing with Starsで優勝したGilles Marini。Sex and the Cityなんかにも出ている。

Kip_pudue
Kip Perdue。彼はアメリカ人でオーストラリア人ではないのですが、なぜか来ていた。
Laws of Attractionという映画で面白い役をやっていた。

Crowds_2
会場のバーはたちまち歩けないくらいにいっぱいになってしまった。

やはりオーストラリア人のハリウッド俳優は女優より、男優の方が多いという事か?女優ではニコールキッドマン、ナオミワッツ、ケイトブランチェットぐらいしか浮かばない。

日本人俳優も、ハリウッドで外国人に指差されて『Oh! She/He is..』(お~あの人は)と言われるくらいになってほしいですね。

それには僕ら作り手がスターを生み出せる素晴らしい映画をつくっていかなければ!


ランキング参加にそれぞれ1クリックずつお願いします。

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ブログランキング

ブログランキング


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月10日 (木)

『MR. EDAMAME』ファンクラブとランダム動画コレクション

Edablog
最近紹介しました新キャラクター『MR.EDAMAME』ですが、
FACEBOOK上にファンクラブがありますので、
FACEBOOKアカウントをお持ちの方は下のリンクからファンになれます。

MR. EDAMAME FAN CLUB

『MR. EDAMAME』の最新情報、上映告知、オリジナルグッズの販売など、様々な情報盛りだくさんです。

また僕のFACEBOOKアカウントにも気軽にフレンドリクエストしていただくことができます。
スパム以外は誰からでも承認しますので。

ここ

話しはかわって、
久しぶりに面白動画コレクションです。
ここ何日かロサンゼルスは水たまりが凍るほど寒いので、心温まる動画をどうぞ。


こういう不器用な人いるんですよね。(オレもそうかも)ドリフみたいですね。


でかい!


かわいい。


ランキング参加にそれぞれ1クリックずつお願いします。

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ブログランキング

ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 6日 (日)

埋め込みフリー動画

ちょっと前に紹介しました『MR.EDAMAME』ですが、
もし気に入ってもらえたら、ブログやウェブサイトに埋め込みしていただいて宣伝していただけると嬉しいです。
埋め込みの仕方が分からない方は、
このページの画面の右横の『埋め込み』と書いてあるすぐ右横のタグをブログへコピー&ペースト
をブログにコピー、ペーストするだけです。


またそのタグの中の width="853" height="505" と書いてあるところが2カ所あるのですが、
その二つの数字を
width="420" height="300"
に変えてください。(動画のサイズが大きすぎるため)

ランキング参加にそれぞれ1クリックずつお願いします。

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ブログランキング

ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

終らないプロセス

Dsc03183

FICEY3人組と..

12月3日に開催されたArtivist Film Festivalでの私の作品『Lives in Exile』の上映を無事終えました。
そんなに大きなスクリーンではなかったですが、席も満席で、作品の間に入ってきて席のない客が『もし空いている席があったら詰めてくださ〜い』見たいな感じであった。
この作品についていえば、映画内でインタビューしたチベットの友達がきてくれて、観客の生の反応を感じてくれたのが、何よりも嬉しかった。

嬉しいといってはいけない。チベットで日頃行われている暴力行為を告発した作品なので。

ただこれで完結したという作品でもない。

初めはあるアメリカのウェブ会社に企画を渡され、カリフォルニア法案とチベットとの関係のみのニュース映像の用なものになるはずであった。
しかしリサーチをし、ロスの殆どのチベット寺院を周り撮影願いしたりするうちに、心が納得いかず、さらに探究心がでてきた。
そんなとき前に映画製作で出会った友達を通じて紹介されたチベット人。
今まで立ち寄ったすべてのチベット寺院、団体は平和的なチベット人の気質もあり、インタビューを断られていた。

紹介された友達にインタビューし、話しを聞くうちに、カリフォルニアの法案などどうでもよくなった。
(結局ダライラマをカリフォルニア州で歓迎するその法案も通らなかった)

とりあえず現代社会で拷問されたり、殺されかけているチベット人を救いたい。
そして作品は短篇ではあるがドキュメンタリーに進化した。

2008年にデモに参加しただけで逮捕され、死刑すぐ言い渡された二人のチベット人。
死刑執行を2年間猶予され終身刑になった二人。

本当のこの作品の目的はこの4人の命を救う事にあった。

しかし
去年の10月に4人とも死刑にされて亡くなった。

上映後のQ&A(ティーチイン)では、その事を観客に伝えるのと、その反応を目の当たりにするのは、いい気分はしなかった。

ドキュメンタリーは時には観客を満足させることだけでは、十分ではない。
現実を直視する事だけで終るドキュメンタリーは嫌いだ。
映画学校ではドキュメンタリーは対立する両方からの視点を
客観的に描かなければいけないとか教えられるが、
くそくらえだ。

それじゃ、真実をねじ曲げた情報を放送するテレビやニュースとあまり変わらない。

両方からの視点を持つのは大事だが、そこに映画作家としての意見を加える事により映画になる。

ジャンリュックゴダール監督の言う様に映画が武器になるかは分からない。

しかし時には見たものに電撃ショックの様な衝動を与え、行動させるところまでもっていきたい。
アメリカではWake Up Callと言う時もあるが、
そうしなければいけない作品はそうすべきである。

このプロセスは地球上で全人類が毎日心配事もなく平和に暮らせる時が来るまで、終らせてはいけない。

なんか今日は暗い話になってしまいましたが、

上映自体はアメリカ人の友達やFICEYからYuzoくん、Ryuseiくん、Shoくんも駆けつけてくれて、エキサイティングな夜でした。


ランキング参加にそれぞれ1クリックずつお願いします。

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ブログランキング

ブログランキング


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 2日 (水)

革命は七転び八起き

来年に監督することが決定していた長編ドキュメンタリーがある理由で無期延期になってしまった。
撮影予定であった国(チベットではないです)の国内情勢が悪化し、その作品の現地コーディネーターが政府(多分悪徳)に逮捕されてしまいました。
実はこういう事が起きているその国の情勢がこの映画の本心にせまる題材だったのですが..

その人からもらった最後のメッセージによると、うちらがその国へ飛んでいって撮影などしたら、うちらの命も危ないと警告してくださいました。
それよりもその人はこれからどうなるのであろうか。

しかし自分たちが死んでしまっては平和革命も出来ないので、ちょっと様子を見ます。
人一人の命さえ犠牲になるような映画作りは望んでいません。

その間に今脚本を書いている作品をなんとか軌道に乗せて撮影するつもりです。

話しは変わって、

何回か告知していますが、12月3日にアーティビスト映画祭での
私が監督しましたショートドキュメンタリー『Lives in Exile』 上映が明後日に迫りました!

予約券の取れなかった方は、
ハリウッドのエジプティアンシアターで当日の上映1時間前(9:15pm上映開始なので8:15pm)にRush-Lineというところに並べば、予約が入って埋まらなかった席に入る事も可能です。

この『Lives in Exile』も平和革命への1歩として見ていただけることを願っております。

O0300038810323520641


ランキング参加にそれぞれ1クリックずつお願いします。

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ブログランキング

ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »