« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月14日 (日)

バレンタインデーということで

世界に愛を..

おまけ


ランキング参加にそれぞれ1クリックずつお願いします。

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ブログランキング

ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 6日 (土)

コリアンパワー

Dsc03306_blog


リトル東京で開催されたJapan Korea Festivalへ友人に招待されて行ってきた。
ホストは『Heroes』のジェームズ・カイソン・リーと田村英里子さん、朝からキム・キドクの弟子、新鋭チャン・フン監督の『Rough Cut』( 邦題『映画は映画だ』この邦題は勘弁して〜)の上映、
そして美しい和太鼓と韓国舞踊団のコラボをステージで堪能した。

ここ10年韓国映画は熱い!
世界恐慌で少し勢いはなくなったかもしれないが、ここ最近でも『チェイサー』や『映画は映画だ』など日本映画にはない世界で勝負できるエネルギーを十分以上感じる。一昔前の香港の様な状態だ。
その裏には国の映画業界の努力があるのだろう。
韓国は早くから良いところはハリウッドの製作システムから取り込み、新人監督に大作をまかせることを恐れず、国もヨーロッパの様に映画をバックアップする体制がある。
作品をみてもアーチストの表現がひん曲げられる事なく、のびのびと良い意味でバックアップされている。
テレビドラマの映画版や大作続編だけに頼らず、新人のオリジナル作品が堂々と韓国内興行収入を塗り替えている。

他の芸術に比べると、ひよっこの様な100年ちょっとの映画の短い歴史、まだまだ変化を求めるべき時期だ!


ランキング参加にそれぞれ1クリックずつお願いします。

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ブログランキング

ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 2日 (火)

こっこれは..

自分が映画をつくるという事を抜きにして、映画ファンとしてもアクション映画って大好きなんですけど。
かっこいいのから、迫力あるのやら、笑っちゃうのやら。
上の動画は笑っちゃう部類ですけど、一生懸命やっているスタントマンの誠意が伝わってきますよね。(イテって)
音楽もJan De Bont監督の『SPEED』のスコアからサンプルしてる様に聞こえるんですけど、気のせいですかね。


話は変わって、
 

アカデミー賞のノミネーションが発表になりましたね。
過去2年間に比べると今年は個人的にノミネートされた作品群を気に入っております。
それでも昔に比べると見てない作品増えましたけど。


話は変わって、


昔、是枝裕和監督の『ワンダフルライフ』って映画がありまして、
人間が死ぬと死後へ行く時に一つの思い出を映像として持っていけるっていう世界が描かれていましたが、
あなたが死後へもっていく一つの思い出って何ですか?

それとも

あなたが死後へもっていく一つの映画ってなんでしょう?


私の作る映画が私以外の誰か一人でもそう思って死後に持っていってくれたら、監督として言うことはないですね。これが実は僕が監督になろうとおもった一つ切っ掛けでもあるのですが..

私の場合、世界のベスト映画600ぐらいのリストから選ぶ事になりますね、
今から選別していかないと死後に旅立つ時に間に合わないかも..

今日貼付けたインドのアクション映画は本日、惜しくもそのリストから外れました。(笑)


ランキング参加にそれぞれ1クリックずつお願いします。

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ブログランキング

ブログランキング


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »