2008年9月 6日 (土)

母べぇ 

ネタばれ注意
映画『母べぇ』を見ていない方は今日のブログを読まないでください。

120 Friday Nightということで日系レンタルビデオに、次に監督する作品の参考にしようと思っていた映画を借りにいったら、置いてなかったので、山田洋次監督『母べぇ』を借りてきて見た。

吉永小百合さんがいなければ成り立たない映画だ。

戦争の悲惨さが人間を狂わしてしまって、世界は同じ過ちを決して繰り返してはいけない。
しかし昭和の初めに比べると、平和になった現代は人々が毎日また1秒1秒の大切さ小さな幸福のありがたさを失ってしまったのは、事実だ。
またそれを受け止める感性というのがもうないのかもしれない。

特別出演、倍賞千恵子さんがどこで出ていたか分からなかったです。『贅沢反対』のデモやってた役?
知っている人おせーてー。

今晩は赤ワインなんか飲んでないで、日本酒飲めよ!っていう気分にさせられました。

素晴らしい映画だが、山田洋次監督の他の作品に比べると、少し原作に振り回されてしまい、映画独自の表現が抑えられた感がある。後半では、シーンがいきなり飛んでしまう。

父べぇがなくなり、カメラが死体を、胸から顔にティルトアップ(カメラを縦移動)するショットでは、のど元をよく見ると、皮膚が呼吸しているのが見える。

大尊敬する山田洋次監督でもあのショットだけは、許せないです!!!

 

それでも吉永小百合さんが、あの時代のすべてのお母さんの悲しみを、美しくまた痛々しく演じてくれました。

素直な男なら、浅野忠信さん演じる山ちゃんの母べぇへの想いは痛いほど分かる。

小百合さんの顔のしわにだって演じている役の過去が滲み出ているほど素晴らしいです。

吉永小百合さんは日本のお母さんです。

各ブログランキングへ清き1クリックずつお願いします

人気ブログランキング【ブログの殿堂】  人気blogランキングへ にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 自主制作映画へ にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ


| | コメント (0) | トラックバック (0)