2007年3月19日 (月)

撮影中盤、絶好調、自動車事故、ジャッキーチェン

撮影も中盤にさしかかり、無事大事故や大けがなどもなく、後はスタミナ勝負です。
先週の火曜の晩、バーでの撮影を終えた後、帰り道に他車に後ろから追突されてしまうというちょっとした事故がありましたが..
明日修理屋にマイカーを持って行き見積もりを出してもらいその後保険がカバーしてくれる事を祈ります。
今までボディーをきれいに保ってかわいがっていたシビックなのに..

そういえば、前作『void of the world』の撮影の時も 当時のマイカーのボンネットをへこましてしまったんですよ。というか映画のシーンで俳優が轢かれるシーンがありスタントマンをマイカーに叩き付けたからなんですが..(そのスタントマンって実はオイラだったんですけど)

撮影する度になぜかマイカーいつも犠牲になっている。

しかしながらオイラは車なんて時間をセーブする足としか考えてないんですよ。鉄のかたまりがビュンビュン走っていれば衝突はおきるし、人身事故もおきるし。
交通手段なしで生きられる生活って理想ですね。
将来 島でも買うか?
ジャッキーチェンはマレーシアに「Segway only island」といって車は使わずセグウェイだけの島を作ってしまったけれど。
ロサンゼルスは1日車で過ごす時間が皆長いから、車が第二のマイホームみたいになっている傾向はあるみたいだけど.. 
特にベンツとか豪華な車買って乗り回すとかいう興味はないんですよ。(しかし豪邸はほしい!)

そんな事考えているならもっとよい映画作りたい。

前作『void of world』からの証拠写真
Runover 監督が兼スタントマンの映画って..どういうんですか..

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007年3月 5日 (月)

撮影快調+かわいいスイス人のメイクさん=人生の矛盾

本日プロダクションの仕事の後 撮影2日目に入りました。
今まで撮ったシーンは割とシンプルだったので、難無く撮り終えましたが、山場は来週の月曜からです。
ロケ代を払って撮影するバーは午後5時までしか使えないので(その後はバーがオープンして客が入ってくる)、急いで撮らなければいけないし、コンドミニアムでの撮影は特殊メイクがかなり必要で、僕がメイクさんをせかすような感じになるでしょう。
メイクさんはは可愛らしいスイス人の子なので本当はせかしたくないのですが、映画の為には監督は鬼にならなくてはいけない事もある...
あー人生はなんて矛盾の連続なのか..

写真はおいらの新作のあるシーンより
Michael_small

| | コメント (1) | トラックバック (0)